Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  歯周病の恐怖

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯周病の恐怖

歯周病は大部分の大人がかかっているといわれている病気で、成人の歯が抜ける大きな原因となっています。

歯周病の一番の恐怖は、歯の健康を損ねるだけでなく、身体の健康を損ねるということです。

歯と歯茎の間に隙間ができて、そこに食べかすなどが貯まり雑菌も加わるとプラークが形成されます。その時に唾液の分泌が少なかったり、歯磨きが不十分だったりすると、プラーク育成の環境はばっちりです。たった一晩でもあっという間に歯の表面にプラークがべとべとと出来上がっています。歯を磨き忘れるとてきめんです。

ばい菌の集まりのプラークはそのまま放置しておくとなかなか取れない歯石になり、歯科医で取ってもらうしかなくなります。

歯石を作ってしまわないように毎日の歯磨きとフロスで歯石予防しましょう。

歯周病になると、ばい菌が絶えず唾液と一緒に飲み込まれて体内に入ります。そのばい菌が血流にのって心臓に炎症を起こすことが一番恐いことなのです。虫歯や歯周病を軽視して放っておくと想像もしていなかった健康被害にあうかもしれません。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 歯のクリーニング  |  トップページ  |  次の記事 歯のホワイトニング  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5923

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。