Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  歯周病の進行

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯周病の進行

歯周病は身体の抵抗力が衰えると進行が早まりますが、糖尿病でも抵抗力を低下させるため、歯周病も悪化しやすくなるということです。糖尿病は生活習慣病の代表のような病気で、こちらも日本人には馴染みのある、ありがたくない病気ですね。食べすぎ、ストレス、運動不足を避けて健康を維持しましょう。

その他にも、ストレスから歯軋りをしたり、老化や病気などで身体の抵抗力が低下すると歯周病の炎症が起こりやすくなります。口呼吸をする習慣があると口内が乾燥しやすく唾液が減ります。すると抵抗力が低下するので歯周病の炎症が起きやすくなるそうです。虫歯にもなりやすいと言われていますね。寝るときには口を閉じて寝るようにしましょう。

またプラークは糖分が大好物なため、甘い物や噛まなくてすむ柔らかいものばかり食べているとプラークに住み着かれてしまいます。歯を綺麗にしてくれて唾液も一杯出せる硬い生野菜やりんごなどを食べてプラークができないように予防しましょう。

歯並びの悪い場合も磨き残しがでるため、歯にプラークがつきやすくなり、歯周病の進行を促進させます。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 歯周病を軽く見てはいけない  |  トップページ  |  次の記事 審美歯科のホワイトニングの白い歯効果  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5907

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。