Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  歯の汚れをクリーニングで除去

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯の汚れをクリーニングで除去

歯は毎日綺麗に磨いているつもりでも、いつのまにか汚れがたまっていますよね。磨き残しはプラーク(歯垢)という細菌の塊を生む元になって口臭や歯周病を引き起こします。

プラーク(歯垢)はそのうち唾液中に含まれるカルシウムと結合して歯石という、硬い石みたいな汚れの塊になってがっちりと歯の根元や間にこびりつくのです。

この歯石は特に歯肉と歯の境目につきやすいのですが、これがしつこく歯と歯ぐきの境目に鎮座して取れないですよね。うちには犬がいるのですが、この子の歯磨きも毎回手を焼いています。歯ブラシや爪で擦り落としても、本当にしつこい黄ばみの歯垢や歯石が落ちないのです。人間の場合は自分でしっかり磨いて予防できるからまだ良いような気がします。

歯の汚れは気にしだすと完璧に綺麗になるまで磨き続けたくなりますね。歯石ができてしまったらしかたがないので、歯医者さんで歯石除去をしてもらいましょう。

スケーラーという専用の器具でがりがりと完璧に綺麗にしてくれます。ちょっと出血することもありますが、真っ白くなりますね。

毎日の歯磨きでは落とせない汚れが徐々に蓄積してゆき、歯石や歯の変色の原因になってしまうので、たまには専門家によるPMTCや歯石除去を受けて、歯の表面の汚れを取り除いて白い歯を取り戻したいですね。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 唾液のパワーで歯周病予防  |  トップページ  |  次の記事 歯のホワイトニング・歯が黄ばむのはなぜ?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5894

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。