Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  歯周病の検査

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯周病の検査

歯周病の検査として、プロービング検査、X線検査、カラー写真検査などが行われています。

プローピング検査は、プローブという道具で歯と歯ぐきの境目の隙間である歯周ポケットの深さを調べます。歯周ポケットの深さで歯周病の診断をするからです。歯肉から出血しているかチェックします。歯肉の出血は歯周ポケットが炎症を起こしている証拠です。

また歯と歯との離間を測定します。隙間に食べかすなどが詰まると細菌繁殖しやすくなります。付着歯肉の幅のチェックは歯ぐきの歯肉に覆われている度合を測定します。歯周病が進むと歯肉が下がってきますので、歯肉の具合をチェックして歯周病かどうかを見ます。歯周ポケットの深さが3ミリ以上の場合には歯周病が疑われます。

X線写真による検査によって歯の周りの骨の溶け方を検査します。歯周病の診断のためにはいろいろな検査方法があるのですね。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 インプラント矯正のしかた  |  トップページ  |  次の記事 歯周病にならないために  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5891

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。