Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  歯周病にも種類がある?

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯周病にも種類がある?

歯周病には、炎症がまだ歯肉の範囲だけに収まっている歯肉炎と、炎症がさらに広がって歯根膜や歯槽骨が溶けてしまう歯周炎があります。

歯と歯ぐきの境目の隙間が深くなると歯周ポケットと呼ばれる隙間になり、プラーク(歯垢)の中の細菌がこのポケットの中で繁殖するため炎症が起こります。このようにして歯周病が悪化するのです。

歯肉炎になると、歯肉が赤く腫れたり、歯ぐきの違和感、出血、口臭などが起こります。

また、歯肉炎が歯周炎に進行すると、今度は水がしみたり、歯が伸びて歯根が見えたり、歯がぐらぐらしてきたり、歯並びが変わったり、物を噛む時に痛みを感じることが起こります。

歯周病はかなり進行するまで痛みや症状を感じることがないため、発見が遅れてしまうことが多いので、歯の定期健診を受けて気をつけましょう。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 医療レーザーで行う歯周病治療  |  トップページ  |  次の記事 歯周病になると口臭がひどくなる  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5884

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。