Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  歯周病の炎症を悪化させるもの

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯周病の炎症を悪化させるもの

糖尿病になると身体の抵抗力が低下するため、歯周病が悪化しやすくなるといわれています。また、女性の場合には、特に思春期や妊娠、更年期などの女性ホルモンの激しく変動する時期にはホルモンの影響によって歯肉が炎症をおこしやすくなっているといわれています。

また、ストレスからくる歯軋り、老化や病気などによる身体の抵抗力の低下などは、歯周病の炎症を起こしやすくするといわれています。

口呼吸をする習慣があることも、口の中が乾燥しやすくなるため抵抗力が低下して歯周病の炎症が起こりやすくなります。唾液が口の中を健康に保つ働きをしているのです。寝るときにも口を開けて寝ないように注意したいものです。

そして甘いものや柔らかい食べ物ばかりを食べていると歯の表面にプラークが発生しやすくなります。歯ごたえのある硬い生野菜やりんごなどを食べて歯を擦ることでプラーク予防をしましょう。

歯並びの悪さも歯が磨きにくいため、歯にプラークがつきやすい原因のひとつになります。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 プラークから歯石に  |  トップページ  |  次の記事 子供の癖と歯並び  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5878

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。