Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  プラークから歯石に

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

プラークから歯石に

プラークはばい菌の集まりですが、除去せずにそのまま放置しておくとなかなか取れないガンコな歯石になってしまいます。歯石になると歯ブラシでは取れないため歯科医のクリーニングで取ってもらうしかありません。

毎日の歯磨きに加えてスペシャルケアで歯石予防をしましょう。電動歯ブラシやジェット水流の歯ブラシ、歯間フロスなども効果的です。歯間フロスは歯茎の隙間を大きくしないように、使うときは気をつけましょう。

歯周病になると、ばい菌が絶えず唾液と共に体内に入りこみ、心臓が炎症を起こす危険性があることがわかりました。虫歯や歯周病を軽視して治療もせずに放置しているとそのうち健康に悪影響を及ぼす危険があるので気をつけましょう。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 歯周病の予防にプラークコントロール  |  トップページ  |  次の記事 歯周病の炎症を悪化させるもの  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5877

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。