Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  歯周病の予防にプラークコントロール

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯周病の予防にプラークコントロール

歯周病は日本では大部分の大人がかかっているといわれている病気です。そして成人の歯が抜ける最も多い原因となっています。

歯周病の原因とされているプラークは割合簡単に形成されます。歯磨きの磨き残しのでやすい歯と歯茎の間に隙間<ポケット>ができて、そこに食べかすなどが貯まり、雑菌なども加わってべとべとしてきます。そして口の中で唾液の分泌が少なかったり、歯磨きが不十分だったりすると一晩であっという間にできてしまうのがプラークです。歯を磨き忘れると歯の表面に付着するぬるぬるとした物質がプラークです。

プラークに唾液の中のカルシウムが合わさると今度は石のように硬くなって歯石という取り除くことが困難なガンコな物質にはやがわりです。これが歯周ポケットの中でばい菌を出すようになると歯周病のはじまりというわけです。

歯周病の原因のプラークをコントロールすることが歯周病の予防の鍵なのです。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 プラークは歯周病の原因  |  トップページ  |  次の記事 プラークから歯石に  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5876

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。