Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  プラークは歯周病の原因

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

プラークは歯周病の原因

プラークは虫歯や歯周病の原因にもなっている、ばい菌の塊です。

プラークは虫歯菌や歯周病菌をはじめとするさまざまな微生物のかたまりです。プラーク1mgの中にはなんと1億個もの微生物が生きているといわれています。歯周病はそのうちの歯周病菌によって引き起こされます。

プラークを除去せずにそのまま放っておくと、唾液などと反応してだんだん石灰化して歯石となります。歯石に更にプラークがついてどんどん増加していくと、普通の歯みがきでは除去できない、正に石のような頑固な塊になってしまうのです。歯石になってしまうと歯科医院で歯石除去で採ってもらうしか方法がなくなります。

特にタバコを吸っている喫煙者は血流が悪くなりやすく、歯周病も進行しがちです。おまけに一度歯周病になると治りにくく、歯にプラークが着きやすく、歯肉の色も黒ずんできて歯はがたがたの状態になりやすくなります。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 PTCクリーニング  |  トップページ  |  次の記事 歯周病の予防にプラークコントロール  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5875

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。