Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  歯周病の原因

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯周病の原因

歯周病は歯の表面にプラーク(歯垢)という細菌の塊がつくことが原因とされています。歯周病では歯を支えている歯槽骨が減り、最終的には歯が脱け落ちてしまうことにもなりかねません。

歯周病には、歯肉の炎症、出血、腫れの見られる歯肉炎と、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎があります。

歯周病とは1つの病気というわけではなく、いろいろな種類があるのです。

また症状を自覚しにくいことも特徴で、初期の歯肉炎では歯磨きの際に出血があるくらいでほとんど症状がありません。歯周病が進行すると歯肉が腫れて、膿が出てきます。そのうち歯がぐらついて抜けてしまうこともあるのです。

歯周病を予防するには生活習慣の改善が大変重要です。特に喫煙は歯周病を悪化させる大きな原因なので注意しましょう。

またビタミン、ミネラルの豊富なバランスの良い食生活、身体の抵抗力を上げることで細菌に負けないことも重要です。

歯周病は予防をすることとと早期発見がとても大事です。歯周病も初期であれば適切な治療で回復できるので、正しい歯磨きとフロス、そして生活習慣で歯周病を予防し、歯科の定期健診で早期発見につとめましょう。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 歯並びが悪くなる理由  |  トップページ  |  次の記事 オフィスホワイトニングは歯を白くする方法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5871

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。