Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  歯周病になってしまうのは

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯周病になってしまうのは

歯周病は、歯を支えている歯肉や骨が炎症をおこす病気で、歯肉炎(しにくえん)と歯周炎(ししゅうえん)があり、歯周炎の法が症状が進行しています。

歯周病は痛みのないまま進行して、歯肉からの出血や歯がぐらぐらするようになって初めて気が付くことが多い病気です。症状がひどくならないと自覚できないため、知らない間に悪化してしまい、抜歯しなくてはならないことも多いといいます。

歯周病の原因は、歯の汚れであるプラーク(歯垢)です。プラークは、歯の表面につく細菌の塊で、このプラークによって歯肉に炎症が起こるのですね。プラー苦をくっつけたまま放置しておくと、炎症は徐々に進行して歯周病になります。

プラーク以外に、全身的疾患やストレスや過労などで身体の抵抗力の低下、体質や遺伝、歯並びの悪さや歯ブラシの良くない使い方で歯を綺麗に磨けていない、かぶせものやつめものが歯に合っていない場合、歯ぎしりなどが歯周病の原因として考えられます。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 審美歯科インプラントについて  |  トップページ  |  次の記事 審美歯科のホワイトニングで歯を白くする  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5859

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。