Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  歯周病と口臭

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯周病と口臭

歯周病が進行すると歯ぐきが炎症を起こして膿が出る歯槽膿漏になります。歯槽膿漏になると口臭がひどくなるといわれています。歯周病でもポケットに歯石がたまり細菌が増殖するため口臭がひどくなることがあります。

歯周病を予防するには歯磨きで歯垢を除去して歯石を作らないことが最も重要です。正しい方法でブラッシングやフロッシングをして歯垢を綺麗に除去し、口臭や歯周病予防をしましょう。

虫歯や入れ歯、胃の問題などでも口臭が起きることがあります。歯の表面だけでなく舌の表面に白や黄色い舌苔と呼ばれるばい菌が付いて口臭の原因になることもあります。歯磨きの際に舌の汚れも取るようにしましょう。舌専用の器具も売られていますが、歯ブラシで力を入れずに磨いても良いですね。

毎晩の歯磨きとフロスで歯垢を除去して歯周病や口臭を防ぐことで口臭はかなり減らすことができます。たまに重曹を歯ブラシにつけて磨くとホワイトニング効果と消臭効果が得られます。食品なので口に入れても安心ですね。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 歯肉炎と歯周病  |  トップページ  |  次の記事 口臭は細菌が原因?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5854

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。