Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  歯周病対策と歯石の除去

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯周病対策と歯石の除去

歯周病では歯と歯の間や歯ぐきとの境目のポケットと呼ばれる隙間スペースに歯石ができることで炎症を起こします。歯石とは歯についた石のような硬い白い物体のことでばい菌がいいっぱいです。

歯石は歯の見える部分についている縁上歯石と歯肉の下の普段は見えない縁下歯石の2つがあります。

縁上歯石は白い色で、縁下歯石は黒い色のことが多いといわれています。歯石は磨き残しの歯垢(プラークと呼ばれるねばねばの物体)に唾液中のカルシウムが沈着して石灰化して出来るものです。

歯科医で歯石を除去してもらうことが歯周病の治療になります。欧米のように予防的に歯科医に通ってクリーニングして綺麗にすることが歯周病予防には必要なことなのです。その後のケアも肝心で、毎日のブラッシングとフロッシングで歯石を再び作らないようにしましょう。

歯磨きによるブラッシングに歯間ブラシやフロスを加えてプラークコントロールをして歯周病を予防しましょう。特に下の前歯の裏側は歯石が付きやすい場所なので丁寧に磨くことが重要です。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 歯周病と歯周病菌  |  トップページ  |  次の記事 歯周病予防とプラークコントロール  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5849

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。