Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  歯周病と歯周病菌

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯周病と歯周病菌

歯の周りについている歯垢は白い塊でプラークとも呼ばれています。歯垢(プラーク)は食べ物の残りだけでなく70%程度は細菌の塊も混ざっています。細菌は歯肉と歯の溝のポケットと呼ばれる隙間で、毒素を出して歯肉の炎症を引き起こします。この炎症が次第に歯を支えている骨を溶かし歯周病を引き起こしてしまいます。

歯周病は疲れがたまったり体の抵抗力が落ちている時に急激に進行し、歯の周りの骨を溶かします。歯茎がやせて歯の根元が見えるようになってきます。そして歯の根元がぐらつきだして歯が抜け落ちる原因にもなります。歯周病が歯を失う一番の原因ともいわれています。

歯周病菌は血流を通して心臓や肺に悪影響を及ぼしたり、身体中を移動して心臓の冠動脈などに血栓を作ったりと悪さをします。また歯周病をもっていると心疾患になる確率が3倍以上も高くなると言われていますので、歯くらいと軽く見て治療をしないでいるのは危険なことなのです。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 歯が変色するのはなぜ?  |  トップページ  |  次の記事 歯周病対策と歯石の除去  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5848

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。