Top >  歯周病、歯槽膿漏 >  歯磨きのコツ

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯磨きのコツ

現在市販されている歯ブラシは、さまざまな形で多種多様です。自分の歯に合った歯ブラシで毎食後磨くことが出来れば理想です。

歯の表面に付く歯垢は、虫歯や歯周病などの主な原因になります。歯垢のたまりやすい場所は歯と歯の間や歯と歯茎の境目、特に下の前歯の歯茎との境目や奥歯のかみ合わせ部分などです。

歯ブラシは背のほうから見て、ブラシの毛が外側にはみだしていたら取り替えるタイミングです。毛先が開いた歯ブラシでは気例に磨けないばかりでなく、歯肉を傷つけてしまいます。

歯と歯の間の汚れはデンタルフロスや歯間ブラシで綺麗にしましょう。その時に舌で歯の表面をチェックしてみてつるつるとしていたら綺麗に磨けていると思って大丈夫です。少しでもぬるっとした間食があればもう一度磨き直しです。

歯垢はたった1日で歯の表面を覆うように付いてしまうので歯磨きを忘れないようにしましょう。逆に言えば毎日1回はしっかり綺麗に磨きさえすれば歯垢を寄せ付かせないということになります。







スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 歯並びを綺麗に  |  トップページ  |  次の記事 歯列矯正とインプラント  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5841

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。