Top >  審美歯科歯並び >  歯並びが悪くなる原因

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなる原因にはさまざまな理由があります。子供の頃から気をつけていればかなり防げることなので、将来の綺麗な歯並びのために気をつけてあげましょう。矯正しないですむならそれにこしたことはありません。

歯並びが悪くなるのは、歯の数や大きさと顎の大きさのミスマッチに他なりません。顎の大きさが昔に比べてどんどん小さくなっていっているのに、歯のサイズや数はかわらないため、狭い顎の中に納まりきれずにはみ出してしまうからです。

また幼児期の癖も歯並びに大きく影響しています。3~4歳を過ぎたら指しゃぶりやおしゃぶりはやめましょう。歯並びが悪くなる原因になります。

爪や唇を噛む癖や、いつも口呼吸をする、寝る姿勢がいつも身体のどちらか同じ方を下にして寝る習慣、頬杖をつく癖などが長い間歯並びに良くない影響を与えていることがあります。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 オールセラミッククラウンのインプラントは高価だけど効果あり  |  トップページ  |  次の記事 歯周病の原因プラークを除去!  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5918

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。