Top >  審美歯科歯並び >  歯並びを悪くしないために

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯並びを悪くしないために

欧米では子供は思春期になる前にさっさと歯科矯正をして、素晴らしく綺麗な歯並びにすることが極当たり前に行われています。日本でも審美歯科、歯並び、ホワイトニングに対して興味を持つ人が増えました。テレビなどで目にする欧米のセレブやモデルたちの歯の美しさに憧れる気持ちもあるのかもしれません。

歯並びが悪くなる理由は歯の数や大きさに顎の大きさが合わないでぎゅうぎゅうになってしまうことです。昔に比べると顎が小さくなっているのに、歯は昔と同じ大きさと数なので、きちんと並んで生えるスペースが足りなくなってしまうのです。スペース不足で押された歯はあっちこっちに飛び出てしまい、歯並びも乱れてしまうのですね。

顎の退化は食事で噛む回数が激減していることも関係しているといわれています。豆類は意外と顎を使わないと飲み込めない食べ物なので顎を鍛えるのにお勧めです。

また小さい頃に指しゃぶりやおしゃぶりがやめられない場合は歯並びを悪くしてしまうので気をつけましょう。おしゃぶりの形に歯が動いてしまった3歳の子を歯っていますが、本当に歯って動きやすいのですね。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 オールセラミッククラウンのインプラント  |  トップページ  |  次の記事 歯周病の原因はひとつだけじゃない  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5901

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。