Top >  審美歯科歯並び >  歯並びが悪いとこんなに困る

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯並びが悪いとこんなに困る

歯並びが悪いと、見た目が良くなく自信がもてないだけではなく、歯並びの悪さによって起こる問題もあるのです。

歯列の中でも歯並びが悪い所は歯磨きをしても汚れが残りやすく、プラーク(歯垢)もつきやすくなります。プラークは食後12~24時間で形成されるといわれていますので油断はできません。プラークはばい菌の塊、プラー苦をそのまま放置していると虫歯や歯肉の炎症や歯周病、口臭の原因になってしまいます。

また歯並びが悪いと正常な噛み合わせができなくなり、噛み合わせの不具合から頭痛やさまざまな病気が起こったりします。またストレスやコンプレックスなどの原因にもなります。

歯並びが悪くなるのは、永久歯に生え変わる時の歯の大きさと顎のサイズの不適合や、3歳すぎても哺乳瓶やおしゃぶりなどがやめられないといった良くない習慣が主だった原因です。歯は非常に動きやすいものなので、生え変わる時に移動したり、歯の間にすきまができたりして前歯の歯並びや口元の形が変わってしまう事もあるくらいです。

このため口腔内の成長のピークといわれる13歳頃までのオーラルケアが大変重要になってきます。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 審美歯科のホワイトニング治療  |  トップページ  |  次の記事 インプラント矯正のしかた  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5889

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。