Top >  審美歯科歯並び >  審美歯科の歯列矯正について

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

審美歯科の歯列矯正について

歯列矯正は歯並びの悪い場合や審美的に問題がある場合、悪い歯並びが原因で虫歯や歯周病になる場合、噛み合わせが悪く発音障害がある、歯や顎が原因で唇が閉じにくい、不正咬合が原因で肩こりや頭痛が起きる場合などに歯科クリニックで行われる治療です。

歯列矯正は症状によりますが、早い人なら1年、平均すると約2年~3年で歯列矯正が完了します。歯列矯正が完了した後も、歯並びが元に戻ってしまわないようにリテーナーという保定装置をつけます。最近のリテーナーは昔の銀色のリテイナーと比べ物にならないくらい目立たず、取り外しもできるようになって進化しています。

本格的な歯列矯正は永久歯が生えそろう12歳~13歳頃から可能となりますが、高齢の方でも顎の骨が健康な方であれば歯列矯正の治療を受けることができます。

幼児や学童期で行う歯列矯正は、歯並びがこれ以上悪化しないようにと補助的な目的で行うことが大多数です。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 歯列矯正とインプラントのメリット  |  トップページ  |  次の記事 医療レーザーで行う歯周病治療  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5882

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。