Top >  審美歯科歯並び >  子供の癖と歯並び

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

子供の癖と歯並び

歯並びを悪くする癖があります。特に子どものころの癖は、歯並びに大きく影響してくるため気をつけましょう。赤ちゃんの指しゃぶりは歯並びにはまだ影響がありませんが、3~4歳を過ぎても直らない場合は要注意です。また、爪や唇を噛む、いつも口を開けている、体の同じ方を下に向けて寝る、ほおづえをつくなども注意が必要です。これらの癖は、無理遣りめさせるよりも、徐々に直させるようにした方が効果的です。

遺伝は顔や体型だけでなく、歯の形や大きさなどにも影響を与えます。頭やあごの形・大きさもある程度遺伝するため、親子で歯並びが似てしまうこともあります。あごや歯の形の遺伝で歯並びに影響することもあるのです。

またアレルギー性鼻炎や扁桃腺などで鼻呼吸が困難な場合、口で呼吸する癖がついてしまうことでも歯並びが悪くなることがあります。

成人してから抜歯した場所をそのまま放置していたり、親知らずに押されて歯並びや噛み合わせがや悪くなることもありますので気をつけましょう。大人になってからも歯並びが悪くなるなんて驚きますが、歯科矯正が必要な場合はできるだけ早く治療を始めましょう。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 歯周病の炎症を悪化させるもの  |  トップページ  |  次の記事 歯磨きと歯ブラシ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5879

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。