Top >  審美歯科歯並び >  歯並びが悪くなる理由

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯並びが悪くなる理由

歯並びが悪くなる理由はいくつか考えられます。

欧米では子供の頃に歯科矯正して綺麗な歯並びにすることは当たり前のことですが、最近は日本でも審美歯科、歯並び、ホワイトニングに意識の高い人が増えてきました。以前は歯並びが悪くてもデメリットにならず、かえって八重歯などはチャームポイントに上げる人もいたほどです。

欧米のセレブやモデル、映画俳優などの歯の美しさを見る機会が増えたことにもよるのかもしれません。

ところで歯並びが悪くなる理由には歯の数や大きさと顎の大きさが合わないことに尽きるようです。顎が退化して小さくなっているのに、歯の大きさや数は変わらないため、ちゃんと並んで生える広さがないからです。

また3~4歳を過ぎても指しゃぶりやおしゃぶりがやめられない場合は将来の歯並びに多大な悪影響を与えますので避けましょう。

爪や唇を噛む癖や、いつも口で呼吸していたり、寝るときにいつも身体のどちらか同じ方を下にして寝る、頬杖をつくなどの良くない習慣が歯並びに影響することもあります。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 オールセラミッククラウンのインプラント歯列矯正  |  トップページ  |  次の記事 歯周病の原因  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5870

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。