スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

« 2008年01月27日 | Top2008年02月02日 »

【最新記事】

歯周病は、歯の表面にプラーク(歯垢)という細菌の塊がねっとりとくっつくことが原因で引き起こされます。

歯周病には、歯肉の炎症や出血、腫れなどの症状のある歯肉炎と、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎の2種類があります。

歯周病とはひとつだけの病気ではなく、種類があったのですね。歯周病でも初期の頃の歯肉炎では、歯磨きをしたらちょっと出血をするくらいで、ほとんどと言って良いほど症状がないことも特徴です。
ところが歯周病が進行してくると歯肉が腫れて、膿がでたり歯がぐらついたりして最終的には歯が抜けて取れてしまいます。

歯周病の予防のためには歯磨きなど生活習慣が大変重要です。特に喫煙は歯周病を悪化させますので特に注意しましょう。

また歯周病菌につけ込まれないようビタミン、ミネラルの豊富なバランスの良い食生活を心がけて身体の抵抗力を上げましょう。そして正しい歯磨きとフロッシング、定期健診で予防、初期発見、治療を目標にしましょう。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

審美歯科で美しい歯をGET!

審美歯科で美しい歯をGET!では審美歯科や歯並び、綺麗な歯に関する情報をわかりやすく紹介します。綺麗な歯があなたのスマイルを素敵にします♪