Top >  審美歯科ホワイトニング >  デンタルホワイトニングのセラミックとラミネートベニア

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

デンタルホワイトニングのセラミックとラミネートベニア

セラミックは神経を抜いた歯や、歯に外傷がある場合、テトラサイクリン抗生物質の影響で歯が変色していたり、金属、樹脂、セラミックなどの人工の歯が入っている場合にも行うことができる審美歯科のホワイトニング方法です。従来はこれらの歯にはホワイトニングは行えませんでした。

セラミックにはセラミッククラウンとラミネートベニアの2種類があり、セラミッククラウンは一般的には「差し歯」と呼ばれていますね。セラミッククラウンは歯全体の形や色調を改善する方法で、欠けてしまった歯を白くしたり、歯の形や大きさまでもある程度自由に改善できます。歯の形を変えることもできるため、歯並びや噛み合わせなどを理想の形に整えることも可能なのです。歯並び、歯のホワイトニングを一挙に解消できる治療法といえます。

セラミッククラウンには「メタルボンド」という、内部をを金属で作って強度を出すものと「オールセラミックス・クラウン」という全部セラミック製とがあります。セラミックの使用量が多くなるためオールセラミック・クラウンの方が料金的には高くつきますが、年月を経ても歯の際に黒いラインが出ないため審美的には優れています。

またラミネートベニアと呼ばれる方法では、他のホワイトニングでは白くならない歯を白くしたり、歯の隙間の改善も行うことができます。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 インプラントは自然な仕上がりの人工歯根  |  トップページ  |  次の記事 子供の歯科矯正と成人の審美歯科矯正  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5914

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。