Top >  審美歯科ホワイトニング >  セラミックの種類とデンタルホワイトニング

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

セラミックの種類とデンタルホワイトニング

セラミックは審美歯科のホワイトニングでは白くすることができない時に行われる治療です。神経を抜いた歯や、歯に外傷がある、テトラサイクリン抗生物質の影響で歯が変色している、既に金属、樹脂、セラミックなどの人工の歯が入っている方にも行うことができるデンタルホワイトニング方法です。

セラミックの種類にはセラミッククラウンとラミネートベニアがあり、セラミッククラウンは「差し歯」と呼ばれているもので、歯全体の形や色調を改善します。

欠けた歯を白くし、歯の形や大きさもある程度自由に改善できるといいます。歯の形を変えることもできるので、歯並びや噛み合わせ等を整えることもできるというから驚きます。技術の進歩は目覚しいですね。歯並び、歯の変色の悩みをセラミックで一度に解消できるというわけです。

セラミッククラウンには「メタルボンド」と呼ばれる、強度を出すために内面を金属で作るタイプと「オールセラミックス・クラウン」という全部セラミックでつくるタイプがあります。セラミックの使用量が多いオークセラミック・クラウンの方が料金が高くなっています。

またホワイトニングのセラミックという、ラミネートベニアと呼ばれる方法もあります。ホワイトニングでは白くならない歯を白くさせたり、歯の隙間の改善もできます。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 インプラントでも歯を白くできる  |  トップページ  |  次の記事 歯科矯正が必要な理由  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5897

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。