Top >  審美歯科ホワイトニング >  歯のホワイトニング・歯が黄ばむのはなぜ?

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯のホワイトニング・歯が黄ばむのはなぜ?

白かった歯がいつのまにか黄色くなったり茶色くなったり変色してしまうのは不思議です。白くなるという歯磨き粉を使っていても変色が起きるのは、やはり毎日の生活習慣に鍵がありました。

歯の変色が起きるの原因として考えられるのは、遺伝や加齢、コーヒーや紅茶などの色の濃い物の飲食、喫煙によるヤニの付着などです。

最近では歯以外にも、歯茎を綺麗なピンク色にする歯ぐきのホワイトニングとしてブリーチを行うこともあります。歯茎の色は白い歯と同様に笑った時などに大変目立ちますね。健康的なピンク色の歯茎と真っ白い歯はセレブの必須条件ともいえるほど、素敵ですよね。

歯のホワイトニングにはブリーチ、レーザーブリーチ、歯のマニキュア等があり、料金もさまざまです。

最近の歯のホワイトニングは以前のように歯の表面を削る必要がなく、痛みを感じないで、短時間で綺麗に仕上がることが大きなメリットといえます。

また歯のクリーニングだけでもかなり白くなることもありますし、歯と舌のクリーニングによって口臭や歯周病などの病気の予防にも効果的です。









スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 歯の汚れをクリーニングで除去  |  トップページ  |  次の記事 インプラントでも歯を白くできる  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5895

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。