Top >  審美歯科ホワイトニング >  歯肉を綺麗にホワイトニング法

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯肉を綺麗にホワイトニング法

黒ずんだ歯肉(歯ぐき)を綺麗にしたい場合のホワイトニングには、フェノ-ル・アルコール法とレーザー法があります。

歯肉はメラニン色素沈着などで健康的なピンク色からどす黒い、汚い色に変わってしまうことがあります。黒ずんだ歯肉を元のピンク色に戻す方法が歯肉の漂白であるホワイトニングです。歯肉にメラニン色素が沈着してしまう原因には、喫煙や口呼吸があげられます。

フェノール・アルコール法はフェノールを薄めた薬液を歯肉に塗布して、歯肉が白くなったらオキシド-ルでふき取ることを数回繰り返すホワイトニング方法で10分程度で完了します。フェノール・アルコール法は痛みがあるため、麻酔を塗ってから行うこともあるということです。

またレ-ザー法ではメラニンで着色している部分にレーザ-光を照射することで歯肉の色を明るい色にします。レーザー法は痛みもなく30分程度で終わります。1~2週間たつと健康的なピンク色の歯肉に戻ることができます。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 歯周病を予防するために  |  トップページ  |  次の記事 審美歯科インプラントについて  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5857

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。