Top >  審美歯科ホワイトニング >  歯が変色するのはなぜ?

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

歯が変色するのはなぜ?

歯が変色する原因はさまざまですが、黄色っぽくなってしまうのは、歯垢(プラーク)が歯の表面について変色する。タバコ・コーヒーや紅茶等の飲料・食品によって歯の着色が起きます。大量にというよりも頻繁に摂取することで歯の表面に食品の色素が沈着してだんだん変色していきます。

対策としては家庭用のホワイトニング効果のある歯磨き粉や重曹で歯を磨くことで白くできます。もちろん歯科医院でのクリーニングはより効果的で綺麗な白い葉になりますね。

また歯石がついて変色した場合は歯みがきでは容易には取れませんので歯科医院のクリーニングで取ってもらいましょう。

歯と歯ぐきの境目が黄色くなってきた場合には、虫歯、歯石等の汚れの付着、歯ぐきがやせて下がってきて歯根が見えている場合などがあります。歯ぐきが下がって歯の根元が露出してくるといつ症状は歯周病の特徴です。歯の根元の部分は歯と違いエナメル質で覆われていないため、黄色っぽい色をしています。

歯磨きの方法が間違っていたり、加齢と共に歯ぐきが下がって根元が見えるようになることが多くなりますので歯科医院で診察してもらいましょう。








スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 歯周病にレーザー治療  |  トップページ  |  次の記事 歯周病と歯周病菌  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5847

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「審美歯科で美しい歯をGET!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。